2004.11/12〜12/07
永遠
ガブリエラ・ガルサ・パディージャ展
メキシコ




   

 

ガブリエラ・ガルサ・パディージャは、メキシコ・モンテレイ工科高等教育学院の情報通信科卒業、1990年から画家活動に専念する。
近年の作品は、ハンス・ホルバイン、ボッティチェリ、レンブラント、サルバドール・ダリ、レメディオス・ヴァロのエッセンスを集結させたような、力強さと気品さが兼ね備わった幻想的写実主義画である。彼女の作品は見事に具象的であり、心地よい色彩の組み合わせで描かれている。



女神
200x 60 cm
2003年
カンバスに油彩

 

 

 

 
   



秘密めいた笑み
135x 160 cm
2004年
カンバスに油彩



白い空
70,5x 50,5 cm
2000年
カンバスに油彩