プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3, Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526

トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


 

Jamaican contemporary artist
Peter Wayne Lewis
ピーター・ウェイン・ルイズ

Jamaica , Kingston , 1953

:: 作品リスト
:: ピーター・ウェイン・ルイズについて
::作家オフィシャルサイト
:: 他のギャラリーアーティスト

アベル・バロッソ
 


ピーター・ウェイン・ルイズの作品リスト

peter_538
peter_540
peter_541
peter_542
peter_543
"#538"
Oil on Paper
76x56cm, 2009

"#540"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#541"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#542"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#543"
Oil on Paper
76x56cm, 2009

peter_545

peter_546


peter_547

peter_551

peter_552
"#545"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#546"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#547"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#551"
Oil on Paper
76x56cm, 2009
"#552"
Oil on Paper
76x56cm, 2009


ピーター・ウェイン・ルイズ (ジャマイカ)

ジャマイカ、キングストン生まれの、ピーター・ウェイン・ルイズは、9歳の時米国に渡り、現在はニューヨークに居住するジャメイカンニューヨーカーである。
1976年米国サンノゼ州立大学絵画課卒業後、ボストンマサチューセッツ美術学院教授職を持ち、国際美術交流企画展の学芸員等もてがける一方、1997年から平面作家として活動をはじめる。
2000年代以降、中国北京にアトリエを設け、作家として国際的に活躍している。日本では、2009年にプロモ・アルテで初個展開催を機に、三浦美術館の企画展にも出展している。



Peter Wayne Lewis 『私の絵に関する考察』

我々は暗闇で形成され、光の中で生まれる。これは、この地球上の人生という舞台に立つ人間にとって真実である。グローバリゼーションが21世紀の本質的な要素、そして、我々にとってより大きなつながりになりつつある中で、私は楽観的に望んでいることがある。それは、世界を取り巻く文化的パラダイムの変動が、異なる意見を尊重する姿勢に根付いた人間性の質の向上へと変わっていくことである。ヒトゲノム・プロジェクトや、その他の近代テクノロジーが前進するのに伴って、共有する知識を透明かつ超越的に維持することができれば我々はみな勝者となり、敗者は誰もいなくなる。
 日本で個展を開くことは私にとって大変魅力的なことだ。というのも、私は9歳の時に北斎や歌麿の作品に魅せられた過去があるからだ。私はこのくらいの年齢から現在に至るまで、浮世絵からいつもインスピレーションをもらっている。ここ7年くらいは中国を訪れては絵を描いたり展覧会を企画してるが、そうすることから得られる経験から常に何かを吸収している。この展覧会に出品している私の作品はすべて、過去数年、北京にあるOASISという名のアトリエにて制作したものだ。
 これらの作品は建物のブロックに関連し、ミクロからマクロ的な視点を持って制作した。秩序、混沌、重さ、スピード、時間、光といったテーマを含んでいる。我々はいったんその美しさを理解すると、我々はみなそれを保護、保管しようとする。
 『string theory』の中にはあるアイディアがある。つまり、すべてのものは多方向へ紐が揺れるように存在している、ということだ。紐の揺れは調和を作り出す。それは、限りある命の人間をつなぐDNAの紐のようではなく、点が連なってできている。宇宙は、紐が無限に揺れるその揺れに例えることができる。宇宙は色と光と異なる時代のサインでできているのだ。

2012年5月6日
ピーター・ウェイン・ルイズ


「青と緑」
ピーター・ウェイン・ルイズ作品についてのコメント
ステイシー・ダフ


ピーター・ウェイン・ルイズの絵画は一瞬のエネルギーから永遠のものとして生まれた。振動する色で彩られている彼の作品は、躍動的で自然な動きで満たされている。物をとらえているわけではない。紋切り型のストーリーを作ろうとしているわけでもない。むしろ、調和のとれた宇宙の美しさを探求しているかのごとく、線自体が自発的に動くことによって視的言語を生み出しているのだ。彼の作品の鑑賞者は共にその探求をしたい思いにかられるであろう。

彼の作品はアメリカの抽象絵画の伝統を進展させている。彼の色彩世界との関わり〜つまり色が持つ精神的エネルギーへの確信〜によって、マーク・ロスコやバーネット・ニューマンのように先駆者へとのぼりつめた。一方で、ジャマイカ生まれのアメリカ人芸術家としての経験、ジャズへのどん欲な興味を持ったアフリカ人移住者に注ぐ繊細なまなざし、そして理論的な自然摂理への知的好奇心などにより、彼の作品は新しい領域へと精力的に押し上げられた。キングストンに生まれたピーター・ウェイン・ルイズは、ボストンで絵画を教え、ニューヨークと北京の二都市でアトリエスタジオを構え、精力的に活動している。彼は視的冒険の世界に住む住人である。ただしそれは、美術史の教科書の中を探求するのではなく、彼自身、自分の内部でテーマを探求する行為である。北京で開かれた彼の最近の展覧会では、ジャマイカ先住民の色である緑と黒の中で支配を表現したシリーズもののうち9点と、インスタレーションの新作を見る機会があった。

インスタレーションは、いくつかの絵画、宗教的彫塑、音響から成っている。絵画はカンバスに水色のアクリルが塗られ、磁器とバイエルンの旗とジャズで演出されている。ピーター・ウェイン・ルイズは、北京での彼の経験をある種特別な青を使って表現している。光を点滅させるのは北京では一般的で、地元の建築モチーフに敬意を表する意味もあるのだ。しかしまた、深淵で勇ましいテーマに、温かくて人間的な接触を加えてもいる。経験から得る精神性は仏教に反映されており、その瞑想はアーティスト自身の心に最も近い音楽、ジャズをここでは鳴り響かせている。

この展覧会の最終的なそして不可欠な要素は、鑑賞する人である。アーティストは鑑賞者と調和をしない限り、もっと偉大な自分に変わることはできない。つまり、これは呼びかけと答えという芸術のスタイルである。芸術家が呼びかけ、鑑賞者が答える。この宇宙的な調和は、芸術家と鑑賞者間の無言のそして知覚的な理解を高いレベルにまで押し上げる。芸術は、宇宙体と我々を和解させるのだ。

北京
2012年3月31日


----Artist’s Statement - Peter Wayne Lewis
“ Strings”


I am from Jamaica, a Caribbean melting pot. I came to the United States when I was nine years old and, after forty-five years, I still do not have a sense of being at home even though I have become an American citizen. I'm still trying to find a balance. When I create, this becomes reflected in an uncomfortable formal balance. Being an immigrant is crucial because it determines how one thinks about stability. It's the imbalance that creates the tension in the work. I have an understanding of imbalance - this adds psychological charge to the work, which makes it human. Throughout my travels as an artist, I have visited many countries, including Senegal, Germany, France, Italy, Czech-Republic, Cuba, Panama, Japan and, over the last four years, China. My migration has led me to leasing a studio space in Beijing. The contemporary Chinese art scene has exploded on the world stage and I wanted to bear witness to it as an artist and educator.
Painting is a ritual act. I'm trying to discover a link to the spiritual. I aim to transcend the flesh. Ritual describes something greater than it is. It becomes a connection to intangible things, the realm of the spiritual. For me a ritual act is a bridge to different sorts of experiences. The shaman bridges the realms of flesh and spirit to bring back knowledge that can be shared. My religious beliefs are akin to those of the shaman. I am devoted to making these pictures. I don't want my paintings to be passive objects. I want them to generate excitement, questioning, even intrigue. Some perceived imbalance or discord allows movement and rhythm.
I'm very conscious of the formal attributes. I teach those compositional elements of formal balance, harmony, and unity. Personally, I'm trying to shake that up in my work. I'm trying to find other ways of creating harmony, ways that generate some uneasiness. We are formed in darkness and born into the light. There is a metaphorical structure in the work. I do not present a mimetic structure. The picture suggests images of the natural world: trees, sky, and earth. I can't deny that. But I'm not consciously painting things I see. I'm interested in the phenomenon of the horizon that separates the opaque earth from the transparent sky. I paint primarily at night. There is a different presence of light, the nocturnal energy - a different kind of stillness.
I'm interested in graceful Chinese calligraphy and Japanese sumi ink paintings. It was interesting to be introduced to the work of the master painter, Ba Da Shan Ren (1626-1705) of China, during my painting session in Beijing last year. I saw parallel pictorial relationships between his work and mine. This is the beauty and education of travel. There's an idea in string theory that we exist as strings. We're vibrating strings. This idea links physics to my great love, music. According to string theory, if we could magnify a point, we would actually see a vibrating string. Matter is a series of points, not unlike a strand of DNA. The vibration of the strings creates harmony. The laws of physics can be compared to the laws of harmony. The universe can be compared to countless vibrating strings. The universe is a symphony of color and light. In 1982 I traveled with my wife, Catherine, to Europe. We went to see the pre-historic cave paintings at Lascaux. I think of these caves, demarcated by the stalagmites and stalactites, as earth's first Gothic cathedrals. I had a pretty profound experience.
I was overwhelmed. I started thinking about architecture, ritual space, the animals, and things that threaten us. I cried. Those paintings altered what I was doing. I've always been interested in building images that move people in similar ways. I have a great love for the materiality of paint − the tactile sensation, scarification of the paint, that writhing, dancing movement of the pigmented mud. There's a comfortable melding between my sensibility and paint. My body feels it. It makes sense for me. My choice to paint the unknown hopefully leads to some sort of resonance, something of permanent value. I strive to present reflections of my collective inner-world. They are not meant to inform, but to transform. Ultimately, the paintings live and die in the eyes of the viewer.

主な個展 :
2012 Matthias Kuper Galleries, Stuttgart|Beijing, Beijing, China; PAINTINGS FROM MIDDLE EARTH PART 2
ピーター・ウェイン・ルイズ 絵画展 ミドル・アース3プロモアルテギャラリー(東京、日本)
2011 「PAINTINGS FROM MIDDLE EARTH PART 2」
Matthias Kuper ギャラリー (北京、中国)
「PAINTINGS FROM MIDDLE EARTH PART 1」
ジェイジェイ・ギャラリー Sacramento, CA(米国)
2010

「Peter Wayne Lewis: Beijing Homage」
グリーンティハウス・ギャラリー(北京、中国)

2009

「Peter Wayne Lewis Paintings: GREETINGS FROM KINGSTON/NEW YORK」Pickled Art, Unit # 1 (北京、中国)
「Peter Wayne Lewis Exhibition」プロモアルテギャラリー(東京、日本)

2008

「Peter Wayne Lewis − Booster Paintings」
STADTIDCHE GALERIE IM CORDONHAUS, Cham(ドイツ)
「Strings Genesis」40 Acres, Sacramento, CA(米国)
「Grand: The Booster Paintings」ジェイジェイ・ギャラリー Sacramento, CA(米国)

2006 「Strings Paintings」N.Y.アートギャラリー(北京、中国)
2003 「リボン」 ローゼンバーグ+カーフマン・ファインアート(ニューヨーク、米国)
「Paintings」ステラ・ジョーンズ・ギャラリー(ニューオリンズ、米国)
2002 「夢」 パリッシュ・ギャラリー(ワシントン、米国)
2000

Rosenberg + Kaufman Fine Art, New York City, NY; Fields (Catalogue - Essay by David Carrier)

1999 「カリビアン・イン・マイ・ソル」モンテクレール大学アートギャラリー(ニュージャージー、米国)
1998 「Viechtach/New York」Weberギャラリー、Viechtach(ドイツ)
「Replicant」ローゼンバーグ+カーフマン・ファインアート(ニューヨーク、米国)
1997 Rosenberg + Kaufman Fine Art, New York City, New York; Replicant
1995 「Blue Swan Suite Paintings」ローゼンバーグ+カーフマン・ファインアート(ニューヨーク、米国)
「Blue and Black Swan Suite Selections」パリッシュ ギャラリー(ワシントン、米国)
「Black Swan Suite Paintings」フレデリック・スプラット ギャラリー(サンノゼ、米国)
1994 「Sumerian Farewell Paintings」フレデリック・スプラット ギャラリー(サンノゼ、米国)
1993 「Stammtisch Paintings」Kunst/Raum(スタットガート、ドイツ)
「Paintings & Small Works」Werndl Corporation(ローゼンハイム、ドイツ)
「Koto Cycle Works」A&Mアートギャラリー(千葉)
1992 「Paintings」Kunsthaus Ostbayern,Viechtach(ドイツ)
1990

「Works on Paper」Kunsthaus Ostbayern,Viechtach(ドイツ)
D.P.Fong ギャラリー(サンノゼ、米国)

 
主なグループ展 :
2017 カリブの島から3人展 3 Artists From Caribbean Island-
FARANU(Curacao), AYEOLA MOORE (Guadalupe), Peter Wayne Lewis(Jamaica)
2016

第15回ラテンアメリカ・カリビアン現代アートTODAY展プロモ・アルテギャラリー(東京)
「カリブ現代アート展」プロモ・アルテギャラリー(東京)

2015 第14回ラテンアメリカ・カリビアン現代アートTODAY展プロモ・アルテギャラリー(東京)
2014 カリビアン現代アート 展プロモ・アルテギャラリー(東京)
2012 Matthias Kuper Galleries, Stuttgart|Beijing, Beijing, China; PAINTINGS FROM MIDDLE EARTH PART 2
PROMO-ARTE, Tokyo, Japan; PAINTINGS FROM MIDDLE EARTH PART 3
第12回 ラテンアメリカン & カリビアン現代アート"Today"展 PART1プロモ・アルテギャラリー(東京)
2011 「SELECTIONS 11」 Stephen D. Paine ギャラリー (ボストン、米国)
「20th Anniversary Show」 ノルマンパリッシュ・ギャラリー(ワシントン、米国)
「2011 INTERNATIONAL PAPER ART EXHIBITION,"CHUNG SHAN NATIONAL GALLERY」
at NATIONAL DR.SUN YAT-SEN MEMORIAL HALL(台北、台湾)
「Dialogus: Mixing Culture Thru Art」 クスコ現代美術館(クスコ、ペルー)
2010

「TWO AMERICAN MASTERS + ONE」STUART DIAMOND+KOFI KAYIGA+PETER WAYNE LEWIS
オアシスギャラリー(北京、中国)

2009

「Caribbean Canvas: Identity in an era of Globalization」 大衆現代アートセンター(マイアミ、米国)
「VIRUS: a group exhibition at OASIS GALLERY」オアシスギャラリー(北京、中国)

2008

「Inaugural Exhibition: SUNSHINE INTERNATIONAL ART MUSEUM」
サンシャイン・インターナショナル美術館(北京、中国)
「オープン展覧会: SUNSHINE INTERNATIONAL ART MUSEUM」(北京、中国)
国際オリンピック委員会主催「オリンピック・ファインアート・北京」(北京、中国)
「マラソン」Two Lines ギャラリー(北京、中国)
「Black: A Celebration of African American Art in Sacramento-Area Collections」
40 Acres Art Gallery, Sacramento, CA(米国)
「Pickled Art Center: サマーグループ展」(北京、中国)

2007 「果てしない線」 展プロモ・アルテギャラリー(東京)
2006 「Journeys: ジャマイカ・中国外交35周年記念展」 (北京、中国)
「Songzhuang アートフェスティバル (中国)
「夢のある場所」A-Space ギャラリー(北京、中国)
「ビエンナーレ展」ジャマイカ国立ギャラリー(キングストン、ジャマイカ)
2005-06 「Begegnungen in der Neuen Mitte Europas: Licht und Schatten 2005 -2055」Eschlkam Institute of Contemporary Art,(ドイツ)
「Paintings」ステラ・ジョーンズ・ギャラリー(ニューオリンズ、米国)
2005 「paper | panel | canvas」ローゼンバーグ+カーフマン・ファインアート(ニューヨーク、米国)
「30周年記念&ビエンナーレエキシビション」ジャマイカ国立ギャラリー(キングストン、ジャマイカ)
「TODAY展」プロモ・アルテギャラリー(東京)
2000

Rosenberg + Kaufman Fine Art, New York City, NY; Fields (Catalogue - Essay by David Carrier)

2004 「Un-Convention」ローゼンバーグ+カーフマン・ファインアート(ニューヨーク、米国)
「Selections 2004」 Stephen D. Paine ギャラリー(ボストン、米国)
2003

「ビエンナーレ展」ジャマイカ国立ギャラリー(キングストン、ジャマイカ)
「Rotation: A Repertory Group Exhibition」フレデリック・スプラット・ギャラリー(サンノゼ、米国)
「The Diaspora in the 21st Century」Fort Lauderdale African American Cultural Center

2002 「20 Years − 60 Artists」Kunst Raum ギャラリー(ドイツ)
「大胆不敵」ローゼンバーグ+カーフマン・ファインアート(ニューヨーク、米国)
「マグネット展覧会」 Yassine Art Center(ダカール、セネガル)
「ラテンアメリカンアート2002」プロモアルテギャラリー(東京、日本)
「15人のジャマイカ人アーティスト」Skoto Gallery(ニューヨーク、米国)
2001-02 「In the Fullness of Time」 (Catalogue) 2年に渡る旅先での展覧会
「In the Fullness of Time」展覧会スケジュール:
Karl Drerup Gallery, Plymouth State College, Plymouth, NH;
February 9 − April 7, 2001;
Handwerker Gallery, Ithica College, Ithica, NY;
August 20 − October 17, 2001;
Howard University, Washington, DC;
November 5 − December 18, 2001;
Sidney Mishkin Gallery, Baruch College, New York, NY; February 1 − March 1, 2002;
Avery Research Center, Charleston, SC;
“Spoleto Festival USA” March 21 − June 15, 2002;
Clark University Gallery of Art, Atlanta, GA;
June -July 2002.
2000-02 「Soon Come」 (Catalogue). 2年に渡る旅先での展覧会
「Soon Come」 展覧会スケジュール:
Joslyn Art Museum, Omaha, NE;
May 13 − June 25, 2000;
Museum of Nebraska Art, Kearney, NE;
July 17 − September 4, 2000;
Norfolk Arts Center, Norfolk, NE;
September 25 − November 13, 2000;
DePaul University Art Gallery, Chicago, IL;
March 23 − May 14, 2001;
Metropolitan State College, Denver, CO;
August 23 − October 6, 2001;
Thorne-Sagendorph Art Gallery, Keene, NH;
October 27, 2001 − January 7, 2002;
Bradbury Gallery, State University, AK;
January 28 − March 16, 2002;
The Lamont Gallery, Exeter, NH;
April 6 − May 19, 2002;
The Lowe Art Museum, Coral Gables, FL;
June 12 − July 28, 2002.
Fleming Museum at the University of Vermont, VT.
September 5 − December 15, 2002.
2001 「蓄積」ケント州立大学アートギャラリー
出品作家: Peter Wayne Lewis, David Dupuis, Joanne Greenbaum, Will Mentor, Laura Owens, Paul Henry Ramirez, James Sienna, Enid Williams.
「10th Anniversary Show」 パリッシュギャラリー(ワシントン、米国)
「軽井沢素描展」 脇田&猪熊弦一郎美術館(東京、日本)
「四季展」アートサロン(東京、日本)
「ラテンアメリカ&カリビアンアート」プロモアルテギャラリー(東京、日本)
2000 「ラテンアメリカ&カリビアンアート」三浦美術館(松山、日本)
「Peter Wayne Lewis, EJ Montgomery, Antonio Carreno」パリッシュギャラリー(ワシントン、米国)
 


 

Copyright(c)2012 PROMO-ARTE Allrights reserved