プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3, Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526

トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


 

Chilean contemporary artist
Eduardo Vera Lastra
エドワルド・ベラ・ラストラ


:: 作品リスト
:: 過去の展覧会
:: エドワルド・ベラ・ラストラについて
:: 美術館コレクション
:: 他のギャラリーアーティスト

 


エドワルド・ベラ・ラストラ 作品リスト








"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.










"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2008
70x70cm.






   
"Untitled"
Oil on canvas, 2010
150x150cm.
"Untitled"
Oil on canvas, 2010
120x120cm.
   


学習歴

1997-2001 工房にて印刷工、版画家の勉強をする
1997-2002 アトリエ「はがねの芸術家」にて学ぶ
1999

コンセプシオン大学にてマーケティングと人材開発の学位を修了

1999-2005

CORFOコンサルタント Nch2909取得

1998-2005 民間会社の促進をエンジニアの立場から教える
2001 タルカワノ文化コーポレーション代表取締役社長

グループ展
2014 第13 回ラテンアメリカン& カリビアン現代アートTODAY 展
2012 ラテンアメリカ『コロニアル時代の光と影』展
東日本大震災復興支援 展覧会「注文の少ない?作家展」3
第12回 ラテンアメリカン & カリビアン現代アート"Today"展 PART1
2011 東日本大震災復興支援展覧会「注文の少ない?作家展2」
2015

第14回ラテンアメリカ・カリビアン現代アートTODAY展プロモ・アルテギャラリー(東京)

 


国内外における文化事業および展覧会

2006

アルゼンチン・ブエノスアイレスのビジュアルアート21世紀ギャラリーに油絵を出品、個展作家に選ばれる。
在アルゼンチンチリ大使館に自身の作品を永久作品として保存される。
アメリカ・マイアミのRuben Busettoアートギャラリーに、「麻に油絵」4作品が選ばれる。
アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれた芸術週間に出品。
アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれたアートフェアの中のグループ展に参加。

2007

チリ・バルパライソで開かれたチリ国民コンクールにて個展「Vibrato展」を開催。
アルゼンチン・ネウケンにて開かれた、ロス・ラゴス地域統合委員会主催「第25回出会い展」に麻に描いた油絵を出品。
アルゼンチン・ブエノスアイレスのBohnenkamp&Revaleアートギャラリーにて個展を開き、当ギャラリーの永久アーティストになる。
チェコ・プラハのフリオ・コルタサルギャラリーにて個展を開催。

2008

「アジアにおけるチリ週間2008」にプロチレが選ぶアーティストとして招待参加。費用を支援され、また、チリ大統領のベトナム、中国、韓国への公式訪問の一部として作品を出品する。
韓国のShillaソウルホテルのサロンにて開かれた「アジアにおけるチリ展」に唯一のビジュアルアーティストとして招待され、個展を開く。
中国・上海のシャングリラホテルの展示スペースにて開かれた「アジアにおけるチリ展」にて唯一のビジュアルアーティストとして個展を開く。
ベトナム・ホーチミンのシェラトンホテルの展示スペースで開かれた「アジアにおけるチリ展」にて唯一のビジュアルアーティストとして個展を開く。
チリ・ビオビオ地域のパビリオン83にて個展を開く。
第4回ARTEXPRESIONアートギャラリー(スペイン)コンクールで第3位入賞。
チリ・コンセプシオンの聖コンセプシオンカトリック大学の展示スペースにて個展を開く。
チリ・コンセプシオンのビオビオ地域で開かれた「第1回アジアパシフィックマーケットとの出会い」で、自身の作品を特別バージョンにてプレゼン。
チリ・プエルトベラスにて開催された「第2回環アメリカ諸国ビジネス展」に出品(プロチレ主催)。

2009

チリ、コンセプシオン市内のItata Wines同業組合サロンにて個展を開催。
プロチレBioBio(政府機関)の支援と出資者の企画により開催された「Bio-Bio地方のビジュアルアートをアジアマーケットで理解してもらうビジネスミッション」プロジェクトにて受賞。これはベトナム、中国、日本の文化産業の調査を網羅的に行う仕事を促進するのが目的。BioBio地方の新進気鋭アーティスト作品(絵画、版画、彫刻、写真)の展示、プロモーション活動を支援。
「チリ・アジア文化交流展2009」プロジェクトの一環として、チリ・ベトナム合同展をホーチミン芸術大学の展示会場にて開催。
「アジア文化交流2009」の一環として、ベトナム、ホーチミン芸術大学との間に文化芸術交流に関する初めての協定を調印、その調印式に参加。そこでは、両国の才能ある若手や学生にトライアルのチャンスを与えるよう懇願する。
ベトナム、ホーチミン市のZenアートギャラリーのオーナー兼キュレーターと文化及び商業契約を結ぶ。
上海のLevantアートギャラリーと文化商業契約を結ぶ。内容は、チリ、中国両国において、双方の新進気鋭作家のプロモーションを相互に行うというもの。
上海アートフェアにて中国のアートディレクター兼キュレーターと出会い、2010年9月、上海アートフェアへの出展を正式招待される。
チリ・アジア文化交流の一環として、BioBio地域の新進気鋭作家9名の作品とともに上海のLEVANTギャラリーにてグループ展を開催し、活動範囲を広げる。
東京、プロモアルテギャラリーのディレクター兼キュレーターである古澤氏のセレクションにより当ギャラリーにて個展を開催。
「チリ・アジア芸術交流展2009」の第2弾が開催され、中国、ベトナム、アメリカの団体や組織から公式に招待された代表者、政府関係者、6名の外国人招待客のために考えられた内容のプログラムを、BioBio地域の発展と歓迎という目的のもと企画した。
ホーチミン芸術大学学長、中国・上海アートフェア委員会代表、および中国のラテンアメリカパビリオン会長と、プロジェクトの第一弾が進む中、チリにて協定が批准される。
パウリーナ・ウルティアチリ文化省大臣は、上海アートフェア代表と中国における発展を目的とした活動やプロジェクトを支援することに理解を示した。
「チリ・アジア文化交流2009」のプロジェクト第二弾の一環として、プロチレの支援のもと、チリのタルカワノ市のマリーナ・デル・ソル展示スペースにてベトナムとチリの国際グループ展を開催、参加。

2010

ハイチの「Flanboyantギャラリー」の代表およびキュレーターであるマリア・イサベル・モレノ氏を訪問。タルカワノのギャラリーを訪れ、ハイチ及びアメリカでプロモーション活動をするための作品、アーティストを発掘。
タルカワノ市内に住むアトリエが破壊、そのため、新しい作品をつくり始めるために組織を再編成。そのプロセスにおいてプロモアルテギャラリーの代表兼キュレーターである古澤氏が東京での作品公開を温かく歓迎、2009年に続き、2010年も当ギャラリーの展示会に招待される。
出資者が企画し、チリ政府管轄の文化団体DIRACを通して、チリ政府の後援、開催が実現した「BIO-BIO Meets the Pacific 2010」プロジェクトで受賞。連合というコンセプトのもと、海外開催を考慮に入れ、BIO-BIO地方の新進気鋭作家5名の作品を、2010年下半期にタイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアにてプロモーション活動を計画。
メキシコのイベロアメリカ・プエブラ大学から文化事業の専門家として採用オファーがあり、受ける。
政令No.417により、サン・ペドロ・デ・ラ・パス市の文化大使に任命される。
「上海、東京におけるチリ週間」では唯一のビジュアルアーティストとして招待を受ける。
上海アートフェア運営委員会代表との会議に参加し、チリでは初開催となる上海アートフェアの運営や諸手続きについて話し合う。
東京のプロモアルテギャラリーにて2度目の個展を開催。



 

Copyright(c)2012 PROMO-ARTE Allrights reserved