プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3,Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526
E-mail:info@promo-arte.com

トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


Artists
グスタヴォ・ヴェレス 大理石とブロンズの彫刻展
Gustavo Velez - Marble and bronze sculptures

| 経歴 | 評論 | 過去の展覧会の印刷物を全てダウンロード |  
 

イタリアの大理石はヴェレス(Velez)の手によりコンセプチュアルに形象化された作品と変身していく。認識できるもの、抽象的なもの、動きのあるもの、光と影のコントラストを強調するもの、大気と混じり合う繊細なフォルムを持つものなど、作家独自のインスピレーションを表現する大理石とブロンズ彫刻15点を展示。

1975 コロンビア・メデリンに生まれる。
1993-1995 メデリン美術学院でデッサンを学ぶ
1994-1995 イタギ・エラディオ・ヴェレス美術学校で彫刻を学ぶ
1995 イタリー・フロレンチア・サン・マルコス・アカデミーで彫刻を学ぶ。
1996 イタリー・フロレンチア・ロレンゾ・デ・メディチ学校で彫刻を学ぶ。
1996 イタリー・フロレンチア・ロレンゾ・デ・メディチ学校で芸術史を学ぶ。
1997 イタリー・ピエトラ・サンタ工房にて彫刻の研究
アンティオキア・フレドニアにて彫刻の工房を持つ



"Enlace"
"結合"
1mx12cmx12.5cm
Pi's white marble Pi
イタリア産大理石Pi
2005

"Creciente"
"成長"
57.5cmx12cmx11cm
bronze
ブロンズ
2003
"Transfondo"
"透明性"
55cmx30.5cmx3cm
Acquabianca's White Marble
イタリア産アクアブランカ白大理石
2004
De la serie cubismo - "Cubico"
キュビスモ シリーズ"立方体"
21cmx21cmx13.5cm
Carrara’s White Marble
イタリア産カララ白大理石
2005

Exhibition view Exhibition view
 
 
 
経 歴
1975 コロンビア・メデリンに生まれる。
1993-1995 メデリン美術学院でデッサンを学ぶ
1994-1995 イタギ・エラディオ・ヴェレス美術学校で彫刻を学ぶ
1995 イタリー・フロレンチア・サン・マルコス・アカデミーで彫刻を学ぶ。
1996 イタリー・フロレンチア・ロレンゾ・デ・メディチ学校で彫刻を学ぶ。
1996 イタリー・フロレンチア・ロレンゾ・デ・メディチ学校で芸術史を学ぶ。
1997 イタリー・ピエトラ・サンタ工房にて彫刻の研究
アンティオキア・フレドニアにて彫刻の工房を持つ
 


コーヒー豆やエメラルド石の輸出で世界的に知られる南米のコロンビア共和国は、またラテンアメリカでも重要な美術情報の発信基地であり、国際的に購読者を抱える美術誌を幾つも発行している国でもある。そんな美術環境にあるコロンビアの現代美術といえば何といっても巨匠フェルナンド・ボテロの知名度が高いが、その後の世代でもラテンアメリカとヨーロッパ間を往復しつつ知名度を上げている美術作家は数多くいる。1975年生まれのグスタボ・べレスもその一人だ。
ボテロと同じくメデジン市生まれで地元の美術学校では彫刻を専攻し、修了後はイタリアのフイレンツエやピエトラ・サンタでさらに大理石とブロンズ技術を徹底的に磨き、良い意味での職人気質を発展させた。最近は彫刻といっても<空間>とか<インスタレーション>といった表現手法を展開する作家も多いが、重量感ある伝統的な素材にこだわるべレスは彫刻の正道を貫いている。
私たちの身体性は重力に規定されている。そして私たちにはこの重力の制約から自由になり大空高く飛び回りたいという願望がある。重力の影響を受けているのは物質も同様だ。だが地球の物質もまた天に向かって翔びたいという潜在的願望を持っているとしたら?
べレスの作品はモビールではない。だが地面にしっかりと根を下ろした植物が茎や葉をくねらせながら垂直に天に向かって伸び、やがて花がはじけて胞子を高く遠くにはじきとばす植物の形象を与えることで、そんな「翔びたい」というモノの願いをかなえてあげるもののように思える。薄く、軽く、優雅な曲線をくねらせながら、今まさに飛び立とうとする彫刻。べレスの作品はまた彫刻の本質でもある三次元性へのこだわりを見せている。どの角度から見ても視覚的に破綻のないフォルムと連続する線の動きは、また光の当たり具合で陰にも陽にも変化し、観客に無限の視る快楽を提供する。べレスの作品は日本では初公開ということだが、コロンビア現代美術の底力を感じるものでもあり、一人でも多くの人に見てもらいたい。
                                 
                         (ラテンアメリカ美術研究者・神奈川大學教授・加藤薫

作家の公式ウェブサイトへ
Artist's official Website >  www.velezescultor.com

 
 
 


 

Copyright(c)2005 PROMO-ARTE Allrights reserved