トップへ戻る | 過去の貸し画廊展一覧 | 過去の企画展一覧

展覧会チラシ
Exhibition Flyer paper

展覧会風景、作品一覧はこちら
Exhibition view, works

 

 

          2004.10/07〜10/16
「建築家の
椅子による芸術的生活プロジェクト」
北川原・温+ジェームス・クドー展

 

同時開催
2004.10/7〜10/26
ジェームス・クドー展


「私が夢みるのは心配や気がかりの種のない、均衡と純粋さと静隠の芸術であり、すべての頭脳労働者、文筆家にとっても、ビジネスマンにとっても、鎮静剤、精神安定剤、つまり、肉体の疲れを癒すよい肘掛け椅子に匹敵する何かであるような芸術である。」アンリ・マティス著「画家のノート」より

日本を代表する建築家のひとり北川原温による椅子と、ブラジルの若手美術家ジェームス・クドーによる平面・写真の競演による芸術的生活空間を体感ください。


 
協力:日本ギャラリーネットワーク協会/加藤義夫芸術計画室
open hours 12:00〜19:00
closed on mondays 期間中月曜休み
 

 




ジェームス・クドー
「無題」フォトグラフィー
28×42cm ed.5 2004

James Kudo
Untitled, 2004
B&W Photography 28x42 cm ed. 5


 
北川原温
「Daffodil」木材とステンレス
w220×d77×h110cm 1998

Atsushi Kitagawara
"Daffodil" , 1998
Wood, stainless steel
w220×d77×h110cm





ジェームス・クドー
「無題」カンバスにアクリル
60×40cm 2004

James Kudo
Untitled, 2004
Acryl on canvas
60x40 cm

                 

ジェームス・クドー略歴 

ジェームスは幼いころまでサオ・パウロ郊外の静かな地平線が見える農村地域で暮らしながら自宅近くの修道女の学校に通い絵を描くことを好みいつもモナリザばかり描いていたといいます。
16歳の時にサンパウロへ移り住み、叔父にサンパウロ美術館に連れて行かれたのがきっかけとなり、サンパウロ美術大学に入学を決意しました。

1967 ブラジル、サンパウロに生まれる。
1990 サンパウロ美術大学(ブラジル)、アート スチューデントリーグ(ニューヨーク、米国)にて学ぶ。

■主な個展
2004 プロモ・アルテ ギャラリー(東京)
2003 デコギャラリー(サンパウロ)
2002 ブラジル/アメリカン文化センター(ワシントン)
2001 プロモ・アルテ ギャラリー(東京)
   ダン ギャラリー(サンパウロ)
1998 カンジド・メンデス ギャラリー(リオデジャネイロ )
   ノタリアート ギャラリー(ニュールンベルグ、ドイツ)
1996 ビピズ ギャラリー(ケルン、ドイツ)
   ヒベライン・プレット美術館(サンパウロ)
1995 プロモ・アルテ ギャラリー(東京)
   SESCパウリスタ ギャラリー(サンパウロ)
   カンピーナス現代美術館(カンピーナス、ブラジル)
1994 プロモ・アルテ ギャラリー(東京)
1993 イカロ ギャラリー(ニューヨーク)
   MOA オカダ・モキチ基金(サンパウロ)
1992 アメラシア銀行(ニューヨーク)

■ 主なグループ展
2004 アオイン ギャラリー(カナダ)
   パロ・アルト アートセンター(カリフォルニア)
   ラテンアメリカン美術館 (ロングビーチ、米国)
2000 「ラテン・カリブ現代美術TODAY展」三浦美術館(松山)
1998 サンパウロ美術館(サンパウロ)
   「インターナショナル・コンペティション」
    (サンパウロ)
   「国際丹南アートフェスティバル1998武生」(福井)
1996 「ブラジル現代日系作家展」 サンパウロ美術館、
    岐阜県立美術館、 麻布美術工芸館、新潟県民会館、
    徳島郷土文化会館、 太田市東毛学習文化センター、
    横須賀市はまゆう会館
   「ブラジル・サンパウロの5人展」
    国際丹南アートフェスティバル1996 武生(福井)
   「土岡秀太郎生誕100年記念100点展」(福井)
1995 「日本人と日系人作家展」
   サンパウロ大学現代美術館(サンパウロ)
   「ブラジル-日本友好100周年展」メトロポリタン美術館
    (クリチバ、ブラジル)
   「ブラジル-日本美術展」MOAオカダ・モキチ基金
    (サンパウロ)
   ティアガルテン ギャラリー(ベルリン、ドイツ)
    ヴァーゲ・マルケン イベロアメリカ研究所(ベルリン、
    ドイツ)
   「支流」カーザ・ド・オリヤール(サント・アンドレ、
    ブラジル)
1994 MOAオカダ・モキチ基金(サンパウロ)
   サンパウロ美術館(サンパウロ)
   芸術工房(ロート、ドイツ)

■主な受賞
1995 グンテル賞 サンパウロ大学現代美術館(ブラジル)
   第20回ヒベイロン・プレット現代美術コンクール
    (ブラジル)
1993 サロン文化協会コンクール(ブラジル)
1991 サロン文化協会コンクール(ブラジル)
1990 サロン文化協会コンクール(ブラジル)
1987 第2回アバレー近代美術サロンコンクール(ブラジル)

ジェームスクドー詳細へ

James Kudo
Brazilian painter
Born in Pereira Barreto - SP Brazil, 1967

STUDIES
1990 Faculty of Fine Arts of Sao Paulo - FEBASP - SP - Brazil
1992 Art Student League - New York - USA

SOLO EXHIBITIONS
2004 Promo Arte - Latin American Gallery - Tokyo - Japan
2003 "Sobre pedras caixas e esperancas"- Galeria Deco - Sao Paulo - Brazil
2002 Brazilian American Cultural Institute - Washington - USA
2001 Dan Gallery - Sao Paulo - Brazil
Promo Arte - Latin American Gallery - Tokyo Japan
1998 Galeria Candido Mendes - Rio de Janeiro - Brazil
Kunstraum Notariat - Nurenberg - Germany
1997 Bipi's Galerie Koln - Germany
1996 MARP - Museu de Arte de Ribeirao Preto - Sao Paulo - Brazil
1995 Promo Arte - Latin American Gallery - Tokyo - Japan
SESC - Paulista - Sao Paulo - Brazil
1994 MAC Museu de Arte Contemporanea de Campinas -Brazil
Promo Arte - Latin American Gallery - Tokyo - Japan
1993 Icaro Gallery - New York USA
MOA - Fundacao Mokiti Okada -Sao Paulo - Brazil
1992 Amerasia Bank - New York - USA

More James Kudo here

 

北川原 温 略歴

建築家。
東京芸術大学助教授。
1951年長野県出身。
東京芸術大学美術学部建築科卒。
在学中に新建築国際コンペ一等。
同大学院修了後、国内外で設計修業。
1982年M北川原温建築都市研究所を設立。


学生時代に国際設計コンペで1位となり20代から設計活動を始め、これまでに多くの作品が世界に紹介されている。
それらの作品には美術や文学の影響が色濃くうかがわれ、マラルメの詩をモチ−フに建築や都市を構想するなど異色の建築家として知られている。
また、建築や都市の設計が地域の文化や経済の振興にどう役立つのかという問題に強い関心を持つ。最近では金物を使わない日本古来の木構造応用した画期的な木造建築も手がけている。
実務のかたわら東京芸大、京都大、東京工大、早大等の講師を歴任。
英国王立建築家協会、ウィ−ン美術アカデミ−、ハ−バ−ド大、コロンビア大、サンパウロ国際建築ビエンナ−レ等の建築展で話題になり、今、世界で注目されている建築家のひとり。

建築以外の分野でも活躍、モダンバレエの世界的な振付家イリ・キリアンとのコラボレ−ションで舞台美術を担当、パリ・オペラ座やニュ−ヨ−ク・リンカ−ンセンタ−で公演された。(「ONE OF A KIND」ネザ−ランド・ダンス・シアタ−/ニュヨーク・ベッシー賞受賞)

■主な作品、受賞
メトロサ(日本建築家協会新人賞)
アリア(グッドデザイン賞金賞、日本建築学会作品選奨)
宣伝会議本社
不知火町立図書館美術館(日本図書館協会建築賞他)
ビッグパレットふくしま(日本建築学会賞作品賞他)
豊島学院高校・昭和鉄道高校
岐阜県森林文化アカデミ−(日本建築学会賞技術賞、BCS賞、
アルカシア賞ゴールドメダル他)
木の国サイト(農林水産大臣賞)
佐世保港近海航路旅客タ−ミナル(公開コンペ最優秀賞)
港区立みなと荘
日本PENクラブ
皇居外苑休憩所など

現在、長野県立稲荷山養護学校(プロポ−ザル最優秀賞)、小淵沢美術館等進行中。

北川原温建築都市研究所ホームページへ

Atsushi Kitagawara

Architect
Born in Nagano, 1951

1974 Bachelor of Architecture, Tokyo University of Fine Arts
1977 Master of Architecture, Tokyo University of Fine Arts
1982- Principal, Atsushi Kitagawara Architects Inc.
1991-01 Lecturer at Architecture Department, Tokyo University of Fine Arts
2001- Associate Professor at Architecture Department, Tokyo University of Fine Arts
2003- Lecturer at Architecture Department, Tokyo University

RECENT AWARDS
2000 Architectural Institute of Japan award(Fukushima Big Palette Convention Center)
The New York Dance and Performance Awards (The 'Bessies' Award)(NDT1'One of a Kind')
Prize of Japan Federation of Architects and Building Engineers Assosiations
(Ueda Municipal Agri-Fishery Center)
First prize,Open Competition for Imperial Palace Outer Garden Rest House ,Tokyo,Japan
2001 First prize,Open Competition for Sasebo Maritime Transportation Terminal
The Library Architecture Awards of JLA(Japan Library Association)(Shiranui Library)
Tyubu District Architectural Award (Gifu Academy of Forest Science and Culture)
2002 Architectural Institute of Japan Award,Technical Award(Gifu Academy of Forest Science and Culture)
BCS Award(Gifu Academy of Forest Science and Culture)
Canada Green Design Award(Gifu Academy of Forest Science and Culture)
Eco build Award(Gifu Academy of Forest Science and Culture)
Recommendable Prize, Architectural Institute of Japan
Matsui Gengo Prize
2003 First prize,Open Competition for Nagano Inariyama School for the handicapped.
The prize of the Minister of Agriculture,Forestry and Fisheries of Japan

PUBLICATIONS
1992 Atsushi Kitagawara, JA vol.8: The Japan Architect Special Issue, The Japan Architect Co.
1993 Atsushi Kitagawara and Koichi Inakoshi Archigraph 2: photographic monologue, TOTO Publications
1995 Atsushi Kitagawara, In Search of Lost Time: CD-ROM medium, Hartland Co.

Visit Atsushi Kitagawara's Website here