プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3, Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526
トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


■WAKU-ART Collection of 12 years
  松本和久 展

開催期間:2007.11/15-11/20(11:00〜19:00/最終日は17:00まで)入場無料


私の描く絵は心象風景です。子供の頃からひとり遊びで絵を描いていました。
自分の心の中に在る想いや空想・理想と現実・身近な愛着を感じている自然や人間達の世界。
私が人間として生まれ生きている経験を通して学んだスピルチュアール・エネジー世界の深遠なる豊かさと美しさを。
私は私自身に与えられたスキルを駆使しながら具象抽象の枠を超えART表現し世界に還元しているのです。

松本和久
会場風景
松本和久
「海岸」
"PROGRESSIVE UTILIZATION THEORY OF ART 2002"
2320x3600mm
Acryl & Oil on canvas
Series 1-3
松本和久
会場風景
松本和久
「東京の紅い空」
"Umbrella"
2003〜2006年作
1330x2840mm
Oil on canvas
松本和久
会場風景
松本和久
「光」
"in the atelier morning,Shine,Book,and Cupid(Cupid's series 1-6)"
acryl,2003
松本和久
会場風景
松本和久
「焚火」
"The sweetest Gift"
1996
P12
Oil on canvas
松本和久 松本和久松本和久松本和久
   


私の描く絵は心象風景です。子供の頃からひとり遊びで絵を描いていました。
自分の心の中に在る想いや空想・理想と現実・身近な愛着を感じている自然や人間達の世界。
私が人間として生まれ生きている経験を通して学んだスピルチュアール・エネジー世界の深遠なる豊かさと美しさを。
私は私自身に与えられたスキルを駆使しながら具象抽象の枠を超えART表現し世界に還元しているのです。


国語辞典による用語の解説文*スピリチュアール=Spiritual=精神的な・心霊的な。*エネジー・エナジー=Energy =(働き)・力・精力・活力。*ART=芸術・絵画・造形・美術作品。*SKILL(スキル)=技術・技量・手腕。*心象(しんしょう)=感覚(的要素)が心の中に再生したイメージ。*空想=現実にはあり得ない事・現実とは何ら関係ない事を頭の中だけであれこれと思いめぐらすこと。*ひとり遊び=仲間を必要とせず、誰にも邪魔されずに自分だけの自由な時間と空間のなかで好きなことに没頭する事。*「理想」と「現実」=「最善の目的(考えうる最も完全なもの)」と「頭の中で考えるだけの事ではなく・現に実際こうであるという状態・事実」。*自然=天地万物・この世のあらゆる物の総称・人の手を加えない物のありのままの状態・成り行き・人間をも含めて、因果的必然の世界、物体界。*経験=実際に見たり聞いたり行ったりして、まだしたことがない状態から、したことがあると言う状態に移ること。また、それによって生きていく上での必要不可欠な知識・技能などを学びとり、身につくこと。*還元=根源的なものに再びもどす、またはもどる事。*深遠=内容・意味が奥深く、はかり知れないさま。*属性=その事物が持っている性質。*私自身=My self =自分の中の様々な心の、【最も中心】となる真実の気持ち=魂。*駆使(くし)=追い使うこと。特に、思いのままに自由自在に使う事。*具象絵画=物が実際に備えている形を、絵に描き表現したもの。*抽象絵画=多くの物や事柄や具体的な概念から、それらの範囲の全部に共通な属性を抜き出し、これを一般的な概念としてとらえて絵に描いたもの。*表現=心に思うこと、感ずることを,色・音・言語・行為などの形によって表しだす事。その。表した形。*現象=現れた形・すがた=ある物事が形をとって現れること。*概念(がいねん)=同類のものに対していだく意味内容。共通部分を抜き出して得た表象。*表象(ひょうしょう)現在の瞬間に知覚してはいない物事や現象について、心に描く像。象徴。*象徴=シンボル=Symbol=意味を持った記号・符号。直接つかみにくい内容をもつ物事を、他の物事で連想的に表すこと。*連想=一つの考えに伴って、他の物事が思い浮かぶこと。

24、MAY,2006・松本和久・記

絵を描くこと
画家 松本和久

私は幼少の頃から、ひとり遊びで絵を描くことを好んでしました。
自分の心の中に在る思いや・空想・理想・現実的経験から生まれる風景や心象・身近な愛着を感じている人や物などを絵に描き表現することで、心を満たしていました。
私は18歳まで自然環境の豊な農村地帯で、四季折々の繊細な変化に富んだ自然を五感で体感しながら成長してきました。
毎朝、朝陽が昇る東の田園風景を望みながら一日が始まりました。
これが私の原風景です。
大自然・宇宙の営みは、私たち人間やこの地球上全ての生命を包み込む大きな大きな存在です。
私は自然と向き合い対峙しながら、私自身の無意識の中に自然世界の溢れるエネルギーを取り込みます。
私が絵を描くと言うことは、「自然世界の一部を、私という存在の奥深くに取り込み、エネルギーを満たしながら、新たな心象風景として表現する」と言うスキルなのです。
人間の心身や精神が癒されたり活力に満ち溢れたりすることを生きながらにして学び、自然世界からのメッセージを小さなキャンバス世界に表現していこうと、絵を描くのです。
私は「テーマ・スタイル」にとらわれることなく自由に描きます。具象抽象の枠を超えた表現を目指します。私たち人間にとって、大自然宇宙の広大無辺なるエネジーの循環に心を開き、無限の広がりと深い精神性を求めた芸術作品=ART」を理想としています。我々人間の存在を遥かに超えた大自然世界は、大きな愛と広大無辺なる叡智のエネルギーで私たち人間を優しく包み込んでいます。自然世界は、その片鱗であれ人間の概念を遥かに超越した創造力を有し、
深遠なるスピルチュアール・エネジー世界の豊かさと美しさを、私達人間へのイマジネーションとして与えてくれます。
私は日々このことを想い、子供の頃の「原風景=初心」を忘れる事無く、大自然宇宙世界から体感し学び得た「有益なエネルギーの一部」を、私自身に内在する無意識世界深くに取り込みながら、私に与えられたスキルを駆使することにより「ART」として表現しこの世界に還元していきます。

20・MAY・2006記   松本和久

   

■作家データ ■DM Flyer
松本和久
■松本和久
略歴・プロフィール

1958年 前橋市生まれ
1982年 群馬青年美術展【anamneisis−夢の夢】500号発表/優秀賞
(群馬県立近代美術館作品買い上げ・収蔵作品)
1985年 スペイン留学−MADRID(ファクルタード・デ・ベジャスアルテス&シルクロ・デ・ベジャスアルテス)/スペイン各地取材旅行・スケッチ/
1988〜2000年 個展−Waku Matsumoto展/松本和久個展
(前橋スズラン特設文化ギャラリー企画/広瀬画廊企画個展/他個展37回/グループ展47回開催)
ARTEX”89−ロスアンジェルスコンベイションセンター(コンテンポラリーアート協会)
1994年〜京都紀行・幻のスケッチ画集「私の歩いた京都巡」個展(京橋画廊喫茶キムラヤギャラリーオープン企画)/
日韓現代美術の断面(京都国際芸術センター)掲載作家/
1995年〜香港独立記念国際芸術祭”95−観光大臣賞/BOX ART創作/
AJAC国際展−駐日コロンビア大使賞・現代日本芸術文化賞・他/
1997年 ストックホルム国際ドゥローイングコンクール入選(スエーデン)/
2001年 ぐんま国民文化祭2001 ART・G・EARTHRING展主催(桐生市有隣館)/
2005年 2月MONACO公国公式コートダジュール国際芸術祭日本代表招待画家
【名誉証】授与される(芸術祭会場−AUDITORIUM RAINIER V)/
2006年 スペイン-セビリア市公式国際芸術見本市招待出品・公式カタログ掲載画家/
世界芸術家辞典・順天出版刊-掲載画家/ARTBOX社刊「現代日本の抽象」-掲載画家/
群馬美術家名典掲載作家/群馬県立近代美術館作品所蔵/小さな宮田美術館作品所蔵
(鹿児島)/他、多数 熱烈なWAKU−ARTコレクターによる秘蔵コレクションを所蔵する/
  
−以下省略−

WAKU-ART Collection of 12 years   松本和久 展

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

Copyright(c)2012 PROMO-ARTE Allrights reserved