プロモ・アルテ ギャラリー
GALERIA 2F, 5-51-3, Jjingumae,Shibuya-ku,Tokyo,150-0001 phone:03-3400-1995 fax:03-3400-9526

トップページ 活動内容 リンク 過去の展覧会 ギャラリー作家 貸しギャラリー ショップ ショップ


 
 
 

"San Basilio de Palenque, ICONOS DE LIBERTAD"
 by Ana Mercedes Hoyos

アナ・メルセデス・オヨス
「自由の象徴、サン・バシリオ・デ・パレンケ」展


期間:May 5th(Tue.) to June 7th., 2009
2009.5/5(火)〜6/7(日)

アナ・メルセデス・オヨス(コロンビア)
Ana Mercedes Hoyos

■ 作品の購入をご希望の方は電話またはe-mailで

東京都渋谷区神宮前5-51-3 ガレリア2F
プロモ・アルテ

tel.:03-3400-1995
e-mail:
info@promo-arte.com
 

アメリカではじめての解放区域「サン・バシリオ・デ・パレンケ」 
16世紀奴隷売買制度により強制的に新大陸アメリカに連れて来られたアフリカ人は、反抗を重ね暴動を起こす反乱群(シマロナヘCimarronaje)を組織する。
彼らはやがて、コロンビア/メキシコ/キューバにパレンケ(Palenques)、ブラジルではキロンボ(Kilombos)と名付けた解放区域を構成していく。
一方アフリカでは、Kilombosとよばれている強制収容所を中心に武装したギネアのビジャゴ(Bijago)とコンゴのジャガス(Jagas)のゲリラグループが広く奴隷売買の反抗活動していた。奴隷制度は言うまでもなく数知れない悲劇を招いている。
それからのがれる過程でも、また山へ逃げ込んでからも悲劇は続いた。活動グループのなかにはスペイン人とラマテュナ地(La Matuna)で激戦になり、そのときの統治者ジェロニモ・スアソ(Jeronimo Suazo)は1603年平和協定を結ばざる得ない程だった。
ドミンゴ・ベンコスを頭としたマテュナのパレンケロスはスペイン軍と交戦になり、歴史家は「シマロネスの戦争」と記録しているほどである。サン・バシリオ・デ・パレンケ(San Basilio de Palenque)では、その当時の反乱軍の精神やアフリカ文化は、特に社会構成、言葉、葬儀等に今日でも強く息づいている。
(資料:Geografia Humana de Colombia)

 
 
 

会場風景

会場風景


「聖バシリオフェアの行列-2」、「聖バシリオフェアの行列-1」


「レモン」


「バスルト」、「三角貿易」


マハナの服の結び目シリーズ


平面「ナイフ」と立体「パパイヤ」


会場風景


会場風景


「新鮮なフルーツ」


ana


ana

アナ・メルセデス・オヨス(コロンビア)
Ana Mercedes Hoyos

1942 コロンビア、ボゴタ生まれ
1961-65 コロンビア国立大学美術学部、ロス・アンデス大学美術学部に学ぶ
1992 国際交流基金招待による初来日




アナ・メルセデス・オヨスは、現代ラテンアメリカンアートシーンで最も優れた作家の一人である。
もともと抽象画を描いていたオヨスは、1960年代のアメカンポップアーティストであるキースヘリング、ジャスパージョーンズをはじめ、アンディ・ウォーホルやリヒテンシュタインの作品に強く刺激を受け、70年代後半にニューヨークにアトリエを移してからは、アメリカ大陸における新アフリカ文化やアフロ・コロンビア文化(Palenque)を研究課題に、独自のポップアートを発表しはじめた。
1995年、ニューヨークの「El Barrio Museum」美術館やワシントンDCの「The National Museum of Women」で開催された「Arts Latin American Women Artists 1915-1995」では、ラテンアメリカ美術専門雑誌Art News, ニューズウイーク誌, Time y Art in Ame´ricaなど多くのマスメディアに注目され、有力な評論家らの絶賛を受けた。
1992年、日本政府の国際交流基金招待により初来日。



ARTIST Page

 
 

Copyright(c)2012 PROMO-ARTE Allrights reserved